イーティングハウス1849に新ステーキメニュー登場

2018.06.14

ハワイ・プランテーション時代の庶民の食生活からインスピレーションされたコンテンポラリーなローカル料理を、オープンエアーのくつろいだ空間でお届けするイーティングハウス1849 by ロイ・ヤマグチ。新しくハワイのパニオロ(カウボーイ)たちの食文化に注目し、その代表であるステーキをメニューに加えられ、ワイキキとカポレイのオアフ島両店舗にて、5つの異なったカットの直火焼きステーキが提供されます。

ステーキには、オアフ島西部にあるKunoa Cattle Company(クノア・キャトル・カンパニー)産、およびカリフォルニアとコロラド産の牧草・穀物育ちの牛肉を使用し、付け合わせ2つとソース1つ込みで$50以下というお手頃な価格で楽しめます。

8オンスのトップサーロイン($26)、8オンスのフィレミニョン($39)、12オンスのニューヨークストリップ($34)、そしてボリューム大の22オンスのポーターハウス($49)を両方の店にて味わえます。カポレイ店では12オンスのリブアイ($38)を、そしてワイキキ店ではさらに大きい16オンスのリブアイ($44)も用意されています。

各ステーキに付く2つのサイドディッシュは、ワイキキ店では、口溶け滑らかなユーコンポテトのマッシュ、バターとうもろこし、ローストレッドブリスポテト、グリルドアスパラガスから、一方カポレイ店では、マッシュポテト、フィンガーリングポテトリヨネーズ、チョリソーマカロニ&チーズ、炒め芽キャベツ、焼きとうもろこし、ガーリックロングビーンなどもう少しこってりめのセレクションから選べます。ステーキソースは、一番人気の特製EHステーキソースとチミチュリソースのほかに、ワイキキ店では柚子胡椒バターとクリーミーなローストガーリックディジョンソースを、そしてカポレイ店では柚子醤油フィナデニソース、トマトサンバルソース、四川花椒デミグラスソースを揃えています。

この記事に関連するタグ
Leahi Health
Leahi Health
2018.06.24
コラムの一覧
日本で大人気のうどん専門店「つるとんたん」がオープン!
日本で大人気のうどん専門店「つるとん…
2018.06.14

「食べる」の最新コラム&ニュース