ハワイアン航空、新たなブランドロゴと機体デザインを発表

2017.05.03

ハワイアン航空が、新たなブランドロゴと、新たな機体デザインが施されたボーイング 717 型機(N488HA)を発表しました。ハワイアン航空は、現在 50 機以上の航空機を保有しており、今回お披露目されたボーイング 717 型機は、新デザインが施された初号機となります。40 年以上にわたり愛され続けているハワイアン航空のブランドの象徴でもあるプアラニ(“空の花”の意味)は引き続き、尾翼に描かれています。またプアラニの下には、パカラナの花が編み込まれた銀色のマイレ・レイが機体を包み込むように描かれ、アロハ・スピリットを力強く表現しています。

さらに、機体デザインのリニューアルに併せてロゴも一新されており、ウェブサイト、空港ロビーの表示、自動発券機、搭乗ゲートをはじめ、ハワイアン航空の国内線および国際線のあらゆる場所に順次導入されます。航空機および地上サービス設備のリニューアルは、2020 年までに完了する予定です。新デザインの動画および画像は、https://www.hawaiianairlines.co.jp/brand-refresh でご覧いただけます。

「交通」の最新コラム&ニュース