メレの中のハワイ語〜メハメハ

2017.03.04

3月に入ってホノルルの市街地はもう夏も近いような暑さです。
とはいえハワイ島マウナケアの山頂はまだまだ冬の真っ只中。
今日も雪がちらついているようです。
そこで今回も前回に引き続き、マウナケア山頂に祀られる雪の女神ポリアフのことを歌う数ある名曲からひとつ題材にしましょう。
メレのタイトルは「カ・エハ・ケ・アロハ」。
この歌の中にこんなラインがあります。

♪ナ・カ・ハーリアリア・エ・ホオプメハナ
♪イ・カ・ポー・メハメハ・イポ・オレ
愛の思い出に心が暖かくなる
あなたのいない寂しい夜に

去ってしまった恋人を想い、ひとり雪の中たたずむ失意の女性。
切ないポリアフのイメージを描き出す歌詞とメロディーがすてきな名曲です。

メハメハ mehameha
意味:孤独、寂しい

ちなみに、ハワイ島からハワイ諸島統一の偉業を果たした大王カメハメハの名前は、Ka-mehameha 孤高の人という意味なのです。

(写真:メレの作者カワイカプオカラニ・ヒューエット)

参考文献:たくさんのメレから集めた言葉たち3

ケアリイ・レイシェルが歌うカ・エハ・ケ・アロハ

Miss Aloha Hula 2006 が踊るカ・エハ・ケ・アロハ

ザトウクジラとの遭遇率は平均95%
アトランティスのホエールウオッチング・クルーズ
ザトウクジラとの遭遇率は平均95% …
2017.03.08
コラムの一覧
アトランティス・クルーズが長岡花火鑑賞クルーズ
アトランティス・クルーズが長岡花火鑑…
2017.02.23

「遊ぶ・体験する」の最新コラム&ニュース