小さいお子様ゲストが喜んでくれる演出は?

2016.11.18

ハワイまでふたりの祝福に駆けつけてくれるゲストには、ウエディングを存分に楽しんでもらいたいものですよね。そんなゲストの中には、親族をはじめ、友人の子どもなど、小さいお子様ゲストがいることも。
挙式からパーティと言っても移動などを含めたら4~5時間くらいかかることもあるので、子どもによっては飽きてぐずってしまうことも少なくありません。そこで、小さいお子様ゲストにも喜んでもらえる演出やポイントを紹介します!

リングボーイ&フラワーガール

親族や仲の良い友人の子どもならセレモニー自体に参加してもらえるリングボーイ&フラワーガールをお願いしてみては? 通常は列席シートでじっとしていなければなりませんが、セレモニーに参加することによって子どもは動くことができますし、何よりリングボーイ&フラワーガールの登場によってセレモニーの雰囲気を和やかにしてくれます。
ウエディングのテーマカラーに合わせた衣装をプレゼントして着てもらうのもいいですし、パーティタイムになったら、「参加してくれてありがとう」の意を込めておもちゃなどをプレゼントするのもおすすめです。

キッズスペースをつくる

パーティ会場の広さなどにもよりますが、キッズスペースをつくるのも一案です。テーブルを置いて、塗り絵やお絵描きができるようにしたり、かわいらしいテント&おもちゃなどを置いておけばテントに入ったり、中のおもちゃで遊んだり・・・と喜んでくれること間違いなし! 席次もお子様ゲストの近くにキッズスペースを配置すれば、親ゲストが子どもを確認しつつパーティも楽しんでもらえるはずです。
また、ゲストの人数や予算によっては、バルーンアーティストや似顔絵アーティストを呼ぶのもおすすめです。バルーンで花や動物、子どもが好きなキャラクターを作ってくれたり、似顔絵なら大人ゲストも記念に書いてもらいたいという方もいるでしょう。

キッズメニュー&キャンディビュッフェ

子どもの好きな素材や料理で構成されているキッズメニューは、事前にオーダーできるか手配会社に確認を。またアレルギーの有無などを親ゲストに事前に確認することをお忘れなく。
また、ウエディングケーキをはじめ、ケーキポップやチョコレートなどが並ぶキャンディビュッフェは、子どもや女性ゲストが喜んでくれるのはもちろん、パーティ会場をキュートに彩ってくれるもの。小さなボックスをテーブルに置いておけば、好きなスイーツを詰め込んでお土産にしてもらうことも可能です。

さらに、気をつけたいのがお子様ゲストの周りに倒れやすいものや壊れやすいものなどを置かないこと。どうしても置かなければならない時は、親ゲストに事前に伝えておくようにしましょう。アクシデント発生を未然に防ぎ、スムーズにパーティを進行できるはず。

お子様ゲストが喜んでくれる演出を取り入れて、ゲスト全員に楽しんでもらえるウエディングを叶えてください。

【写真提供】リアルウエディングス

この記事に関連するタグ
パーティ会場を選ぶときのポイントは?
パーティ会場を選ぶときのポイントは?
2016.12.10
コラムの一覧
美食と絶景を堪能する
オーシャンフロントパーティ
美食と絶景を堪能する オーシャンフロ…
2016.11.05

「ウエディング」の最新コラム&ニュース