このところハワイ島の東側は大雨続き。

2013.02.19

このところハワイ島の東側は大雨続き。ヒロから北へ走るハマクア・コーストラインは、いくつもの渓流と滝を眺める風光明媚なドライブコースですが、車窓から見える滝も、いつもの倍ぐらいの水量で、とうとうと流れ落ちています。

ハワイ島で一番知られた滝といえば、レインボー・フォールズとアカカ・フォールズでしょう。

レインボー・フォールズはヒロのほぼ街中といってもいい、ワイルク・リバー公園にあります。お天気がいい日の午前中訪れると、タイミングによっては 滝に虹がかるのが見えるからレインボー・フォールズ。

一方アカカ・フォールズは、ヒロから車で15分ほど北に走り、ハイウェイから山側に3マイルぐらい入ったところ。130mを一直線に流れ落ちるという迫力ある滝です。周囲はよく整備された1周15分ほどの遊歩道になっていて、森林浴も楽しめます。

ハマクア・コーストの終点、ワイピオ渓谷の奥にあるヒイラヴェの滝も有名です。フラを踊る人なら誰もが知っている“ヒイラヴェ”という唄はこの滝を歌ったもの。400mの高さから流れる滝は、ハワイでも最長級。渓谷の再奥にあるから、展望台からは見えず、徒歩か4輪駆動車を使って谷底までいって初めて目にする事ができます。

一般的にはあまり名前を知られていないけれど、一見に値する滝は、ハマクア・コースト沿いにまだまだあります。道路標識18マイルと19マイルの間のナヌエ橋から見るナヌエ・フォールズ、コレコレ・パークを流れる渓流にあるコレコレ・フォールズ、3段になった美しいウマウマ・フォールズなどなどがそれ(ただしウマウマ・フォールズはウマウマ・フォールズ・ジップラインの敷地内にあり、見るには入場料が必要です)。

ハマクア・コーストを走るハイウエイ19号線は、もともと砂糖きびプランテーションが盛んだった時代、収穫物や人を輸送するための線路だったのを舗装したもの。次々に現れる渓谷には、谷に添うよりも高い鉄橋を架設したため、現在も1マイルおきといっていほどに橋が現れます。この橋の上が滝を眺めるには絶好ポイント。

とはいえ、橋の上や、その前後の路肩がない場所に車を止めるのは交通違反なので、決してしないようにしてくださいね。車の横幅がすっぽり入るぐらい広い路肩がある場所を見つけて駐車してください。そしてハイウェイ上は歩道もないので、よーく車に気をつけて橋まで歩いてください。
※写真は、ワイピオ渓谷奥のヒイラヴェの滝です

この記事に関連するタグ
ハワイは、海底火山が隆起してできた島々。
ハワイは、海底火山が隆起してできた島…
2013.02.27
コラムの一覧
別名ビッグ・アイランド
別名ビッグ・アイランド
2013.02.12

「自然・名所」の最新コラム&ニュース