標高四千メートルの湖・ワイアウ

2013.09.11

環太平洋でいちばん高い山マウナケアには、もうひとつの“環太平洋一高い”があるのをご存知でしょうか。それは、山頂近くにある湖・ワイアウです。標高3958mにあるこの湖は、山頂からは見えない位置、プウ・ワイアウとプウ・ハウケアというふたつの丘の麓にあり、マウナケア・サミット・ロードのマイルマーカー6と7近くにある駐車場から30分ほどハイクすると現れます。

湖は雪解け水と雨水からできています。他に植物がいっさいない場所なのに、不思議と水中には水藻がたくさん生えていて、水は深い緑色に輝いています。古代ハワイアンは、この湖は底なしで、天界と現世をつなぐへその緒の役割を果たすと考えていました。湖の水は清めや癒しのためにも使われたそうです。

極端に乾燥した荒々しい地でありながら、満々と水をたたえ静かに横たわるワイアウ湖。粛々として美しい、ハワイ島の中でも特別な場所のひとつです。

この記事に関連するタグ
ヒロのランドマーク、パレス・シアター
ヒロのランドマーク、パレス・シアター
2013.09.25
コラムの一覧
~ロイヤル・ファミリーの別荘フリヘエ・パレス~
~ロイヤル・ファミリーの別荘フリヘエ…
2013.09.04

「自然・名所」の最新コラム&ニュース