バックステージ: ディクシー・ローズ

2014.08.14

私には才能あふれる素敵な友人がたくさんいます。その中の一人、ディクシー・ローズはハワイベースの子供服ブランド『Oopsy Daze(ウプシー・デイズ)』の創設者の一人で、旬のデザイナーでもあります。

とってもきれいな女の子ディクシーは、とっても素敵な家族と暮らしています。それから彼女のインスタグラムには、彼女が旅先で撮った美しい写真がたくさんアップされています。実は私も彼女の大ファンの一人。今月、自社ブランド『ウプシー・デイズ』の新しいコレクションを発表するディクシーに、スマートにかっこよく家族旅行を楽しむコツを聞いてみました。

Q: こんにちは、ディクシー。インタビューできてうれしいです! まずは出身地を教えてください。
A:私は日本の大阪生まれで、12才の時にハワイに来ました。ハワイではオアフ東部にあるハワイカイのビーチの近くで育ちました。

Q:このお仕事を始めたきっかけは?
A:息子のフェニックスが生まれたことで、自然に。トレンディでオリジナリティがあって、着心地の良い子供服を見つけるのは難しいと実感しました。市場と私の求めているものの間に、明らかに差があったんです。自分の子供や姪っ子、甥っ子のため、ベビーシャワーなど、子供服って意外に買う機会が多いんですよね。

Q:確かに、私も誰かの赤ちゃん用によく子供服を買います。楽しいですよね! ウプシー・デイズは今でもハワイがベースですか。
A:はい。

Q:旅行もお好きですよね。世界各地の文化を見て回ることが、コレクションにどのように影響していますか。
A:昨年、主人の仕事で子供達を連れてアフリカに行ったのですが、色やプリントに大変魅力を感じました。息子と私はしょっちゅう主人(カメラマン/ビデオグラファー)が撮った旅の写真を見ながら、そこへ一緒に行ったつもりになっています。昨年ヨーロッパへ家族旅行した時は、各地の遊び場でたくさんの子供達に出会いました。パリの子供達って、なぜかカッコイいいんですよね。日本も大好きです。日本のお母さん達は流行に敏感で、きちんとしたブランドを着ていると思います。

Q:素敵ですね! 私はあなたのインスタグラムを見て、自分もそこにいるような気分を味わっています。
A:深層レベルでは、世界中の子供達や文化の影響を受けていると言えるでしょうね。彼らの顔を見ていると、まるで家にいるような気持ちになれる共通の無邪気さを持っていると思います。一瞬、世界は大丈夫だろうと確信し、そこから慈愛や人間愛が回復していくように感じます。アートやミュージック、ダンス、動物などを通しさまざまな異文化にふれることも、インスピレーションの元になります。私にとってウプシー・デイズはある意味、世界から逃避して子供だらけのハッピーな泡に飛び込むようなもので、私はそれが大好きなんです!

Q:見ていて分かるような気がします。ウプシー・デイズの子供服からは、国境や国籍を越えた多文化の息吹のようなものを感じます。それでは今回のコレクションには、どんなインスピレーションが潜んでいるのでしょうか。
A:いつも必ず意識しているハワイっぽさとサーフィンっぽさに、今回のコレクションではジャングルやアニマル、アズテカプリントの要素を取り入れたSURFARI(サーファリ。サーフとサファリをかけ合わせた造語)がテーマです。お楽しみに!

Q:早く見たいです! ウプシー・デイズならではのデザインの特徴はありますか?
A: もちろんです。オリジナルのコピーとカラフルなプリントです。手描きのグラフィックはアーティストとのコラボで、しかもほとんどブランドオリジナルのプリントです。素材にもかなりこだわっています。母親として、自分の子供に見た目が良いだけではなく、着心地の良いものを着せたいと思っています。

Q:コレクションの中で特にお気に入りは?
A: どれも気に入っているけれど、自分用のサイズがあればいいのにって思う女の子用のアイテムがたくさんあります。(笑)

Q:ウプシー・デイズの次のステップは?
A:次々に新しい企画が起こっています。新しいウェブサイトに取り組み中だし、ローカルアーティストとのコラボの企画、ブランドの裏舞台を紹介するブログなども始まる予定です。これから委託販売も始まるし、ウプシー・デイズがもっと世に知られるようになると思います。

Q:順調にブランドを確立して行っているんですね。ここでちょっと趣向を変えて質問です。よく旅行に行かれますよね。旅先に持って行きたい子供のためのマストアイアテムを5つ挙げてください。
A:
1. iPad
2. その場でランチが作れるからヌテラとピーナツバター
3. アクションフィギュア
4. 寝る時に微調整ができるのでブランケットとピロー(枕)
5. かっこいい(かわいい)普段着。旅先では子供を撮るシャッターチャンスがたくさんあります!
Q:息子さんは旅行の時、どんな格好をしていますか?
A:タンクトップ、カットオフのデニム、フェドーラ(中折れ帽)、足元はバーケンストックかネイティブス。

Q:わぁ、とってもファッショナブルですね。もしハワイでバケーションを過ごすなら、家族連れにはどこがおすすめですか?
A:たくさんあります! 私たちはピクニックが好きです。家族全員でお昼寝できる大きなテント、ランチとディナーを詰めてビーチへ出かけて、一日中そこで過ごします。他にもホノルルナイトマーケットのようなローカルイベントに行って、友達に会うのが好きです。ハワイは急激に変貌しつつありますが、子供も参加できるイベントが増えているところがいいと思います。ホノルル動物園の芝生エリアでのピクニックも最高です。涼しい木陰で子供達が走り回っている間、読書を楽しんだりしています。

Q:子供をベビーシッターに預けて旦那様とデートするとしたらどこへ行きますか?
A:急に時間ができた時には、家から近いハワイカイのアサージオに行くことが多いかな。カハラのオリーブツリーやワイアラエのソルトも気に入っています。計画的なデートなら、映画を見に行ったり踊りに行ったりします!

Q:とってもキュートですね! それでは最後の質問です。家族でチャレンジするとしたら?
A:ワイキキでサーフィンがおすすめです! 最高の気分になれますよ。

ディクシーのお気に入り
1. ヌテラ&ゴー!スナックパック、ウォルマート
  700 Keeaumoku St.
  (808) 955-8441
  http://www.walmart.com

2. ジャスティンズ・ハニーピーナツバター・スクイーズパック、ホールフーズ・ホノルル
  4211 Waialae Ave.  カハラモール内
  (808) 738-0820
  http://www.wholefoodsmarket.com/stores/honolulu

3. フライング・ミケランジェロ(ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャタートル)、ターゲット
  4380 Lawehana St.
  (808) 441-3118
  http://www.target.com

4. 幼児用ミディアムウォッシュ・スキニージーンズ、GAP
  1450 Ala Moana Blvd.  アラモアナセンター内
  (808) 949-1933
  http://www.gap.com

5. “クレイジーココナッツ”Tシャツ、ウプシー・デイズ
  http://www.oopsydazekids.com

6. ネイティブス・ミラー・チャイルドシューズ(サーファーブルー)、T&Cサーフ
  98-1005 Moanalua Rd. パールリッジ内
(808) 483 – 8383
  http://www.tcsurf.com

Aloha!
SASCHA KOKI
http://www.mediaetc.net
http://www.facebook.com/MediaEtcInc

アロハな装い:キッズファッション
アロハな装い:キッズファッション
2014.08.28
コラムの一覧
アロハな装い:独立記念日バージョン
アロハな装い:独立記念日バージョン
2014.07.03

「買い物」の最新コラム&ニュース