ワイピオ渓谷とタロ

2014.09.23

王族の谷と呼ばれ、ハワイアンにとって聖なる土地だったワイピオ渓谷。清流と肥沃な土壌に恵まれたこの谷には、かつて数千人ものハワイアンが暮らし、政治的にも重要な場所として多いに繁栄を誇ったといいます。

それから数百年。時代のすう勢を経て、現在ここに暮らすのはわずか五十世帯になりました。でも権勢を誇った当時と変わらず、今もこの谷で作り続けられているものがあります。それはタロ芋。ハワイアンが主食にしていた、ポイにするタロ芋は、お米のように水田で育てます。そのためきれいな水がたくさん必要なのですが、コハラ山脈から流れて来る清流と、それによって作られた土がたっぷりあるワイピオ渓谷は、昔からタロ芋作りに最適な条件の揃った土地だったのです。

そんな歴史と伝統のあるワイピオのタロ芋作り。ハワイ島のローカルたちは、ワイピオ産タロ芋といえば、まずは美味しいと納得します。タロ芋のブランド品とでもいえるでしょうか。

緑の渓谷の間に広がるタロ芋畑はとても印象的です。谷を渡る風にサワサワと葉を揺らす姿は見ているだけで心和んでくる風景。数百年前、ワイピオに暮らしていたハワイアンもこれと同じ風景を見ていたのだろうなと思うと、なんだか感無量です。

※ワイピオ渓谷に降りるには、四輪駆動車が必要(レンタカー会社によってはワイピオへの乗り入れを禁止しているところもあり)。天候などに寄っては運転が困難だったりするので、谷底を見て回るには、ワイピオバレー・シャトルや乗馬などのツアーに参加するのも、気軽でおすすめ。

↓ワイピオバレー・シャトル
http://www.waipiovalleyshuttle.com/jp/
↓ワイピオ・オン・ホースバック
http://www.waipioonhorseback.com/japanese.html
↓ナアラパ・ステーブル(英語)
http://www.naalapastables.com/waipio.html

この記事に関連するタグ
ハワイに昔からあったサトウキビ
ハワイに昔からあったサトウキビ
2014.09.30
コラムの一覧
伝説の巨石ナハ・ストーン
伝説の巨石ナハ・ストーン
2014.09.16

「自然・名所」の最新コラム&ニュース