セレブ・アスリートをも引きつけるコナのアイアンマン世界選手権

2014.10.14

スイム、自転車、マラソンの3種目を立て続けにこなすトライアスロン。その中でも最も苛酷な競技といわれるのが、毎年10月コナで行われるアイアンマン・ワールド・チャンピオンシップです。今年は先週末、10月12日土曜日に開催されました。

トライアスロンの最高峰とされるこの競技は、毎年6万人以上もの応募の中から2000人だけが参加資格を得られるという狭き門。それだけに、アスリートたちの夢の舞台といわれています。しかもライアスロン選手だけに限らず、違うジャンルのトップ・スポーツマンたちをもひきつけてやまない魅力を持っているようです。
日本でもよく知られたセレブ・アスリートで、今年のアイアンマンへの参加を一字真剣に検討していたのが、あのデビッド・ベッカム。ドーピング事件で出場できなかったものの、自転車のランス・アームストロングも、2012年のレースでは優勝候補のひとりになると噂されていました。カーレーサーで2013年のインディアナポリス500の優勝者・トニ—・カナーンは、2011年のアイロンマンに参加、完走しています。その他有名なNFL(プロアメリカンフットボール)の選手NBA(プロバスケットボール)の選手なども、出場者リストにしばし名前が挙がります。

今年のレースに参加して話題を呼んだのは、スピード・スケートのオリンピック・メダリスト、アポロ・オーノ。日本人とのハーフのアポロはよくメディアにも登場するので、ご存知の方も多いでしょう。さすが元オリンピック選手というだけあって、9時間52分27秒、総合320位というなかなかの成績でフィニッシュしました。

アポロ・オーノのゴール場面

この記事に関連するタグ
タンタラスの丘は夜景だけじゃない!10マイルラン
タンタラスの丘は夜景だけじゃない!1…
2014.10.20
コラムの一覧
ハワイで最も歴史のあるモロカイ・ホエというカヌーレース
ハワイで最も歴史のあるモロカイ・ホエ…
2014.10.13

「スポーツ」の最新コラム&ニュース