プウコホラ・ヘイアウの敷地が山火事の被害に

2015.08.11

ハワイ島の北西部カワイハエの草原地帯で、先週末山火事が発生。 一時は近辺のハイウェイが通行行止めになったりしましたが、現在は下火になって、避難勧告も解除され、道路もすべて開通しています。

ところがこの山火事で、敷地内の草原の9割が焼けるという被害をプウコホラ・ヘイアウ国立公園が被ってしまいました。プウコホラ・ヘイアウはカメハメハ大王が作った、ハワイで現存する最大規模の貴重な遺跡。

幸いけが人などはなく、ヘイアウの城壁やビジターセンターなどの建物も無事ですが、公園内の被害状況を詳しく調査するため、8月11日現在公園は閉鎖中です。訪れる予定の方は、国立公園のウエッブサイトなどで、オープン状況をチェックしてからお出かけください。

写真:National Park Service photo

http://www.nps.gov/puhe/index.htm

この記事に関連するタグ
ALOHA ʻĀina@Maui nui #9 Lānaʻi o Kaululāʻau
ALOHA ʻĀina@Maui n…
2015.08.15
コラムの一覧
ハワイ固有の巨大なシダ
ハワイ固有の巨大なシダ
2015.07.28

「自然・名所」の最新コラム&ニュース